ワイシャツのアイロンのかけ方【基本手順とコツ】※あの噂のアイロン、アイロン台も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイロンイラスト

ワイシャツのアイロンのかけ方の基本について。
愛用のシャツを美しく長持ちさせるために押さえておくことをおすすめします。

 

※ 衣服や布地にアイロンをかけて、しわをのばしたり折り目をつけたりすることをプレスするともいいます。本記事では、「アイロンをかける」と「プレスする」をほぼ同じ意味で併用して使っています。

 

ワイシャツは立体的に作られているので、その曲面毎の裁断に合わせてアイロンをかけるのがコツです。また、アイロンし終わった部分に新たなシワを作らないためにも小さなパーツから大きいパーツの手順で作業を進めていくと良いです。

 

◇アイロンがけの手順

 

 

①まずは袖。肩のラインにシワを付けないように意識してアイロンしていきます。

アイロン袖

 

②続いて左右の袖(カフス)。裏側から押し当てるようにアイロンをかけます。

カフ

 

③ヨーク周りは、アイロン台の角を利用して立体的に仕上げる。

アイロンヨーク

 

④前身頃をプレス。ボタン周りはアイロンの先端を使うと上手くいく。

ボタンまわりアイロン

 

⑤後ろ身頃をプレス。

後ろ身頃アイロン

 

⑥最後は襟(えり)。左右の端から中央に向かってプレスする。

襟アイロン

 

まとめ:①袖⇒②カフス⇒③ヨーク周り⇒④前⇒⑤後ろ⇒⑥襟 で完成!

動画を参考に、実際に自分でやってみて覚えるのが一番ですね!

完成ワイシャツアイロン

◯頑固なシワを取る必須アイテム!

 それは、霧吹きです。

シワ伸ばしの際に大活躍するのが霧吹き。もし家にない場合は、濡らして固く絞ったタオルをあて布として使っても代用できます。

iron

アイロンで使える霧吹き おすすめ一覧!

 

◯作業効率を高める重要アイテム!

 それは、アイロン台です。

 

作業に不可欠なアイロン台は、襟やヨークが固定できるような角をもつ形がベター。
脚の有無によって作業中の姿勢や収納スペースの確保が変わってくるので、自分の生活スタイルにあったものをみつけましょう。

 

その点、最近、急速に普及しているのが、この人型のアイロン台。ワイシャツがメインの方にも大変お勧めです。

人型アイロン台

人型アイロン台2

上記の写真を見て頂ければわかりますが、ワイシャツなどは人体型がピッタリとフィットします。
人に服を着せるようにすれば背中なども自然体でアイロン掛けできて
細かな袖口も簡単にアイロンがけできます。

 

しかも、一番人気の人体型プレミアムアイロン台(YAMAZAKI)なら、立ったままでも、座ってもアイロンできて、

あらゆる服にあわせて楽な姿勢を保てます。

 

こちらは、いわゆる普通のアイロン台  ※「舟型」というそうです。

B_15.TIF

european-royal-crown-02アイロン台の人気ランキングはこちら

b_simple_8_2L

さて、通常のアイロンよりも、もっと気軽に「しわのばし」ができる強力ツールが昨年頃よりメジャーになってきました。
それが、「衣類スチーマー」です。

アイロン台を使わなくても、ハンガーにかけたらままシワ伸ばしができます。
脱臭効果もあり、毎日の忙しい朝の準備や帰宅後の簡単衣類ケアに、チカラを発揮します。

今一番の売れ筋で、ユーザーからの評価が高いのが、パナソニック製の「衣類スチーマー」。
ぜひ一度、チェックしてみてください。

衣類スチーマー

今一番人気、パナソニックの衣類スチーマーの詳細・レビューはこちらです

b_simple_40_0M

yshirt2 ◆◇ アイロンの由来と歴史 ◇◆

アイロンという名前は、英語のironから。 直訳では鉄や鉄製品という意味になりますよね。今は電気で熱していますが、一昔前は、鉄製品を熱して使われていたことがアイロンの名前の由来となりました。

さらに、さかのぼると、江戸時代中頃に、金属製の片手鍋のような容器に熾き火にした炭を入れ、この熱と容器の重みで布のしわをのばす火熨斗(ひのし)が使われていた(中国から伝わりました)。

火熨斗写真

その後、「西洋ひのし」「洋ごて」などといわれたのが炭火アイロンです。炭火アイロンは、その名のとおり、本体内部に炭を入れその熱を利用して衣類のしわ伸ばしや形なおしを行っていました。

炭火アイロン上部にガス抜きの煙突と握り手がある

 

なお、電気式アイロンの原型を発明したのは、トーマス・エジソンです。エジソンは電球の発明者であるだけでなく、送電や電気の応用について興味深い発見。電気を使ったアイロンはその一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ワイシャツウォーカー」編集長のイチオシ店とは

ワイシャツウォーカー編集長が、ワイシャツ(カッターシャツ)に関心をもつようになったのは、とある新鋭ワイシャツ通販店の品質と価格とサービスに痛く感動し、胸が打たれたから。

ワイシャツウォーカーの原点ともいうべき、その驚きのワイシャツ通販店とは? 詳しくはブログ記事にて!

ブログ記事へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA