これであなたもダンディズム!?匠の技が息づいた国産メンズシャツの最高峰

【この記事の所要時間:約 4 分】

国産ブランドにトコトンこだわりたい人にお勧めしたいのがSTYLE WORKS(スタイルワークス)。紳士シャツの国内トップメーカー山喜が運営。洗練されたデザインと職人の熟練した匠の技に注目です。

スタイルワークス国産ワイシャツシャツ

「遊び心のある大人」に向けて「装う楽しさ」を発信し続けるスタイルワークス。

創業以来、日本発であることをアイデンティティとし、日本人としての 感性と匠の技を大切にし続けています。

自分の気持ちに寄り添ってくれるオリジナリティ溢れるシャツに出会ってみませんか。

スタイルワークス 公式ホームページ

 

サラリーマン さん
実は「ダンディズム」というドラマに影響されて、ビジネスグッズにこだわりたいなと思い始めています。

OLさん
ダンディズムといえば、伝統的な英国製やイタリア製、米国製が主流ですけど着こなすまで時間がかかります。若い人ならまずは国産で決めるのも選択肢だと思いますよ。

 

では、実際に取り扱っている商品をみてみよう(2016年5月現在)。

国産ワイシャツドレスシャツ

国産長袖純綿ドレスシャツ コンフォート クレリックハンドステッチラウンドカラー マルチストライプ

 

国産ワイシャツドレスシャツ2

国産長袖純綿ドレスシャツ スリムフィット スカイブルーロンドンストライプ ハンドステッチクレリックワイドカラー

 

国産ワイシャツドレスシャツ3

国産コットンドレスシャツ 綿100% スリムフィット クレリックラウンドカラー グリーンタータンチェック

 

スタイルワークスのハイセンスな実店舗もあります。

個性を引き立たせるオーダーシャツを取り扱っています。

オーダーメイドシャツ1オーダーメイドシャツ2

スタイルワークスのワイシャツには3つのPRポイントがあるといいます。

特長1:少量生産による個性的なシャツ

1つの型で20~30枚の限定少量生産という究極のこだわり。

特長2:自由で個性的なデザイン

時代のニーズに合ったオリジナルのデザイン。

特長3:細部にまでこだわった高いクオリティー

シルエット・素材・ディテール、細部まで妥協ないこだわり。

 

 

お得な高級ワイシャツの福袋も取り扱っていて、人気です。

中身は「おまかせ」になりますが、ひとついかがでしょうか。

国産ワイシャツ福袋お買い得

 

国産ワイシャツ福袋お買い得2

 

ショップで取り扱っているビジネスグッズ(ワイシャツ 等)は各種雑誌に掲載されています。

掲載誌:  anan、2nd、シネマシネマSP、saita、CLASSY

 

◆匠の技が随所に!国産メンズシャツの最高峰「STYLE WORKS」
少量生産による自由で個性的なシャツ!MADE IN JAPANなら!
http://www.rakuten.co.jp/styleworks/

 

b_simple_8_0M

good!

見ているだけでワクワクするような商品が揃っています。オリジナリティ溢れるデザインや色。着ていても個性が感じられて気持ちがいいです。

◇信頼できる品質はもちろん、配送が迅速。一人ひとりの客を大切にしている姿勢が伝わってきます。ネットでのシャツ購入でこちらに決めています。

レビューで次回分の送料無料クーポン券がもらえます。夫がとても気に入っていて、毎年数枚ずつ購入しています。

 

ジャケットハーフパンツ男性

◇人気のお店で、信頼できます。売れ切れ品がたまにあるのがちょっと残念です。

b_simple_8_0M

 

b_simple_22_0M

◆匠の技が随所に!国産メンズシャツの最高峰「STYLE WORKS」
少量生産による自由で個性的なシャツ! MADE IN JAPANなら!
http://www.rakuten.co.jp/styleworks/

サラリーマン さん
自分の個性にあった着こなしってどうやって身につけるんでしょうかね

OLさん
本や雑誌で学ぶこともできるけれど、スポーツと同じで着こなしが上手な人、自分のイメージにあう人から「真似る」というのが基本になるんじゃないかしら。

 

b_simple_40_0M

yshirt2 ◆◇ ダンディズムを極めるコツは、レベルの高い人の姿から学ぶこと ◇◆

自分らしさとは、デザイナーや店、あるいは雑誌などの言うことを鵜呑みにしないでいられるだけのセンスをあなたが育てたとき初めて生まれるものなのです。

これは著名なスタイリストのアラン・フラッサー氏の言葉。販売員が客に喋ることや、雑誌に書かれていることは常に最大公約数と考え、参考程度に。そして、個性を発揮するためのセンスは自分で磨くものであるとも言っています。

 

クラシックなデザインには基本があります。ビジネスマンの王道「ダンディズム」に興味があれば、自分の服装術においても、一歩一歩、洗練させていくといいでしょう。ダンディズムを極めていくなかで、本当の自分の個性が発見できるものかも知れません。

服装術はテニスと同じであるという人もいます。上手な人のプレイを見て練習を繰り返し、次第にレベルを上げていく。レベルが上がればテニスが見えてきます。服も同じです。レベルが上がるたびに服があらたにみえはじめ、自分らしさが自然に生まれてくるのです。

 

ダンディズムを自覚するなら、値段の目安として、はじめは靴に10万円、ネクタイに1万5千円、スーツに10万円、シャツに1万円と考えたら良いと、文筆家の落合正勝氏は述べています。高価なスーツが、必ずしもよりクラシックというわけではないとも。

例えばですが、雨の日には黄色が入ったネクタイを締める、ネイビーブルーのスーツにはブラウン系の靴を履く、ブレザーにはスウェードの靴を履くといったような、自分なりのルールを確立していくこともビジネスマンとしての楽しみですね!

 

参考文献:男の服装術 PHP文庫

「ワイシャツウォーカー」編集長のイチオシ店とは

ワイシャツウォーカー編集長が、ワイシャツ(カッターシャツ)に関心をもつようになったのは、とある新鋭ワイシャツ通販店の品質と価格とサービスに痛く感動し、胸が打たれたから。

ワイシャツウォーカーの原点ともいうべき、その驚きのワイシャツ通販店とは? 詳しくはブログ記事にて!

ブログ記事へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA