toprogo3

i_rank1_41 アトリエ365 │ 低価格でオシャレなワイシャツの代表格といえば、ズバリこの店!
i_rank1_42   ビジネスマンサポートSHOP │ ビジネスでも、カジュアルでも決まるワイシャツ!
i_rank1_43 SmartBiz(スマートビズ)│ 形態安定加工シャツが秀逸!勝負ワイシャツなら!
i_rank1_44 トレンドスタンダード │ 女子目線重視のワイシャツ屋。モテシャツ選びに!

売れてるカッターシャツ
 

ワイシャツの襟(えり)の形を使い分けてみよう!

ワイシャツ握手

ひとくちにワイシャツといっても、実は、いろいろな種類があります。

学生時代や新入社員のときは、主に「標準」タイプのみを着用していると思いますが、ビジネスマンとして中堅になってくると、そろそろ、ワイシャツをTPO(時や場所や目的)によって使い分ける必要がでてきます。

また、ワイシャツの種類を使い分けることによって、自分の個性を上手にPRすることもできるようになります。

 

サラリーマン さん
ワイシャツの襟の形っていくつかパタンがありますよね。どのような違いがありますか。

OLさん
ビジネスシーン、カジュアルシーン、フォーマルシーンで、それぞれタイプがありますね。ビジネスシーンだと、レギュラー、ワイド、ボタンダウンの3種類ですかね。

 

TPOや自分の個性にあわせて、様々な種類をワイシャツを使い分けられれば、それは“かっこいい大人”の証拠です。「そういえば、まだ標準タイプのみだなぁ」という人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ワイシャツの使い分けのポイントは、通常「襟(えり)」「カフス」「生地」の3つ。基本を押さえておくと、あらゆるシーンでの着こなしに役立つのでポイントだけでも頭に入れておくといいでしょう。

 

b_simple_8_2L

 

 

ここではワイシャツの印象を決定づける襟(えり)の形をみてみましょう。

襟(えり)は英語ではcollar(カラー)と呼ばれます。

 

b_simple_37_1M

ビジネスシーンで着るワイシャツの襟(カラー)3つ

【レギュラー】最も一般的なカラー。襟の羽の開きは65°ぐらい。レギュラーカラーのワイシャツは、ビジネス、フォーマルとシーンを選ばず、どんな場所でも身に着けることができます。社会人(ビジネスマン)となれば、まずはレギュラーワイシャツ着用が基本になるでしょう。

襟レギュラー

 

【ワイド】 羽の開きがレギュラーと比べ広い。約100~120°前後ぐらい。首回りがすっきりして見え、ネクタイの結び目が映える。レギュラーと並んで、ビジネスシーンで広く着用されている。

襟ワイド

 

【ボタンダウン】 羽にボタンがついている。羽の形や角度はレギュラーと同じものが多い。特にクールビズなどノーネクタイのビジネスシーンで好まれる。気持ちカジュアルな雰囲気をだしつつ、うち解けた印象を与えたいときにおすすめ。

襟ボタンダウン

 

b_simple_37_1M

カジュアルシーンで着るワイシャツの襟(カラー)2つ

【トレボットーニ】 襟台に3つのボタンがある形。イタリア語で「3つボタン」と言う意味。結婚式の二次会など、カジュアルシーンでのワイシャツ着用時におすすめ。

 

3つボタンワイシャツ

 

【クレリック】 衿やカフスが白無地でできているシャツ。カジュアルシーンで、うまくコーディネートが出来ればかなりお洒落でしょう。

襟クレリック

b_simple_37_1M

フォーマルシーンで着るワイシャツの襟(カラー)

【ウイングカラー】 結婚式やパーティなどフォーマルで畏まった場で使われる事が多い。

蝶ネクタイ用襟

 

b_simple_8_2L

 

なお、上記の分類や写真は、ワイシャツ専門店【ozie(オジエ)】「シャツを着こなす基礎知識」を参考にさせて頂きました。ozieの店長は、柳田敏正さんといって、大正時代から続くシャツメーカーの長男として生まれシャツに囲まれて育ち、ワイシャツに関する知識や見る目は超一流。そして、同店では、ワイシャツの種類やサイズにこだわった品揃えで勝負していており、その結果、新聞・雑誌でとりあげられたり、複数のテレビドラマや映画でも同社のシャツが使用されているそうです!

media-im-00

Ozie店長の柳田氏へのインタビュー掲載誌

 

そんな柳田氏によるワイシャツ・ドレスシャツの着こなし術。

新しい発見があるかも、です!⇒  「シャツを着こなす基礎知識」(Ozie)

 

人生を着飾る魅力的なドレスシャツたち②

様々なメンズ用シャツをご紹介していきます。

ドレスシャツの歴史が男性が社会的責任と、家族に対する責任を果たしてきた歴史ですね。

 

【さ行、た行】

 

【あ行】

●サファリ・シャツ

レジャー・シャツの一種。サファリ・ジャケット型の半袖シャツのこと。ただし肩章などディテールは一部省略されることもある。生地はリネンや薄手のコットンが多い。1960年代末から70年代初めに流行。

サファリシャツ女性用サファリシャツ(女性用)

サファリシャツ男性用サファリシャツ(男性用)

●シー・ピー・オー・シャツ

CPOはアメリカ海軍下士官のことで、彼らの制服、およびそれにヒントを得たウール製のアウターシャツのこと。両胸に付いた大きなフラップ・アンド・パッチ・ポケットと、派手なチェック柄が特徴。

CPOシャツ

●シャツ・ジャック

アウター・シャツの一種。ジャケット型のシャツ、およびジャンバー型のスポーツ・シャツのこと。シャツ・ジャケットともいう。ジャンバー型1950年代半ばから60年代初期に流行。

シャツ・ジャケット

 

●スウェット・シャツ

裏側を起毛させた厚手のコットン・メリヤス、またはパイル生地で作られたシャツ。衿は丸首で、プルオーバーが一般的だが、前ファスナー開きもある。日本ではトレーナーともいう。

おすすめスウェットシャツ

 

●スタッグ・シャツ

アウター・シャツの一種。厚手のウール・シャツで、カフス付きの袖と胸の切り替えが特徴。衿はセミステン・カラーで、衿はセミステン・カラーで、柄は太いチェック柄。胸と背が、防寒のため二重になっている。

ウールシャツ厚手

【た行】

●タートル・シャツ

首に沿った筒状のタートルネックが特徴のシャツ。背中や肩が開くようになっている。1966年に登場し、新しいフォーマル・シャツとして注目された。

タートルネックシャツ

 

●タキシード・シャツ

フォーマル・シャツの一種。タキシード用のシャツで、ウイング・カラーにフレンチ・カフス。胸にはプリーツかフリルが付いている。

タキシードシャツ1

 

●ディッシュラグ・シャツ

スポーツ・シャツの一種。皿洗い用の布のような、ざっくりとしたコットンで作られたプルオーバー・シャツのこと。

プルオーバーシャツ丸首

 

●ドック・ワーカー・シャツ

シャツ・ジャケットの一種。港湾労働者の荷揚げ用ワーク・シャツで、衿はオープン・カラーかステン・カラー、胸から裾にかけて左右3個ずつの変わりポケットが付く。袖には、袖をまくって留めるためのボタン留めのタブが付く。シルエットは全体にゆったりとして、背中にはプリーツが入ることが多い。生地はダーク・ブルーのダンガリーか、グレイのモールスキンが一般的。ドッカーズ・シャツともいう。
THESHIRTTIE

本記事は「シャツ&タイの教科書」(中村達也氏監修)を参考にしています。
ワイシャツのポイントを抑えるのにお勧めの一冊です。

人生を着飾る魅力的なドレスシャツたち①

様々なメンズ用シャツをご紹介していきます。

ドレスシャツの歴史が男性が社会的責任と、家族に対する責任を果たしてきた歴史ですね。

 

【あ行、か行】

 

【あ行】

●アスコット・シャツ

アスコット・カラーのシャツ。生地はタッターソールのビエラが一般的。色無地のビエラやプリント柄のシャリーのほか、シルク製のドレッシーなタイプもある。1936年に登場。

 

●アロハ・シャツ

レジャー・シャツの一種。派手なプリント柄で、オープン・カラーの半袖シャツのこと。裾は短めで、パンツの外に出して着る。生地はコットンかレーヨンが多い。プリント柄のモチーフは熱帯植物を図案化したものが多く、色は単色から多色まで多彩。ハワイアン・シャツともいう。ハワイを中心とするポリネシア諸島の民族衣装のひとつ。1940年代、トルーマン大統領が好んだこともからアメリカで流行。

アロハシャツおすすめ

 

●イブニング・シャツ

燕尾服用の胸元が糊付けされた硬いシャツ。ボールド・ウイング・カラーと、カフス・ボタン留めの硬いシングル・カフスが特徴。

イブニングシャツ

 

●ウエスタン・シャツ

ファンシー・シャツの一種。刺繍やヨーク、変わりポケットなどが特徴のシャツ。カウボーイ・シャツともいう。

ウエスタンシャツ

 

【か行】

●カーターシャツ

ゆったりとした袖と、深いサイドスリット、長い前立てが特徴のチュニック丈のプルオーバー・シャツ。

衿は普通衿か低いスタンド・カラー。生地は白いコットンが多いが、中にはプリント柄や、刺繍を施したものもある。カーターともいう。北インドの民族衣装のひとつ。1970年頃からサマーファッションとして取り入れられた。

カーターシャツ

●カーブシャツ

カッター・シャツの一種。ウール・ギャバジンで作られたプルオーバー・シャツで、ロング・カラー、玉縁の曲がり胸ポケット、曲線的なショルダー・ライン、同じく曲線的なアシメトリーのプラケットが特徴。長袖で、袖先には2個のボタン付き、スクエア・ボトム、サイド・ベンツが入っている。1930年代末から40年代初期に、カリフォルニアで流行。

 

●ガウチョ・シャツ

スポーツ・シャツの一種。プラケットを4つのループでボタン留めした、衿付きのプルオーバー・シャツのこと。アルゼンチンのカウボーイ、つまりガウチョが着用している。

ガウチョボタンシャツ ガウチョボタンダウンシャツ

 

●カフタン

ゆったりした長袖で、丈が長い上着。トルコやアラブなどの中流階級以上の人が着る民族衣装のひとつ。本来は前開きのローブ風で帯を巻いたり、羽織ったりするが、ワンピース風のものもある。

カフタンシャツ

●ガルバルディ・シャツ

スタンドカラーで肩章付きの厚手のウールシャツ。色は赤。19世紀、イタリア統一の際に赤シャツ隊を率いた軍人、ジュゼッペ・ガリバルディに由来。

t02200365_0248041111112230354 ジュゼッペ・ガリバルディ

 

●キャルバルリー・シャツ

スポーツ・シャツの一種。胸にあて布をボタン留めにしたシャツのこと。あて布は取り外しができる。キャバルリーは「騎兵」の意で、17世紀頃の騎兵にヒントを得た。ビブ・フロント・シャツともいう。

キャルバルリーシャツ

 

 

●クバベラ・シャツ

ノーフォークジャケットに似たリネンのシャツのこと。

 

●クレリック・シャツ

身頃が柄か色無地で、衿とカフスが白無地のドレス・シャツを指す和製語。正確にはホワイト・カラード・シャツ、またはカラー・セパレーテッド・シャツ。身頃の柄はストライプが多い。1920年代に流行。

クレリックシャツ

 

●クロスオーバー・プラケット

胸元の開きの先が交差している、プルオーバー・シャツのプラケット。

THESHIRTTIE

本記事は「シャツ&タイの教科書」(中村達也氏監修)を参考にしています。
ワイシャツのポイントを抑えるのにお勧めの一冊です。