なるほど!ワイシャツ豆知識

スクールシャツ(学生 ワイシャツ)男子 長袖半袖 通販 ビジネスシャツとの違い

スクールシャツ(中学生・高校生用ワイシャツ)のQ&Aのまとめ。

通販で一番人気の学生用ワイシャツとは。

<男子学生用ワイシャツの決定版!>

一番人気の学生用ワイシャツ。それは 日清紡ナノ超撥水 カッターシャツ

◎抜群の形態安定性を備え、ノンアイロンで着用
◎着用時のシワも少なく、いつまでも新品に近い状態を保ちます
◎優れた防縮性。型崩れしません
◎生地素材は高品質な日清紡製を採用
◎幅広いサイズ展開で、ほとんどの方にぴったりのサイズ

 


Q&A まとめ

Q. スクールシャツと普通のワイシャツの違いとは?

Q.   スクールシャツは卒業後にビジネスシャツとして使える?

Q. 一般的に何枚ぐらい必要ですか?

Q .  スクールシャツの交換のタイミング

Q. 学生用ワイシャツはどこに売っていますか?


 

・・・・・・・・・・・
Q.スクールシャツと普通のワイシャツの違いとは?
・・・・・・・・・・・

スクールシャツは学生服メーカーが主に作っています。
襟の大きさがやや小さめで、袖口に一箇所のみ
ボタンが付いている(カフスボタンの穴がない)のが特徴とされています。

また、一般的なワイシャツは白色が基本ですが、
スクールシャツは少し青白い、蛍光白が多いようです。

学生は、よく動くし、汗もかくし、汚れやすいので
汚れが目立たないように蛍光色となっているものと思います。

学生服以外の一般のワイシャツはビジネス仕様なので
襟の大きさも普通でボタンダウンが主流です。

・・・・・・・・・
Q. スクールシャツは卒業後にビジネスシャツとして使える?
・・・・・・・・・

スクールシャツは “学校指定” という事ですね。
他で着てはいけないとかそういう意味ではありません。

上記のように、基本的に大きな違いはありませんので
普通の白いシャツであれば、ビジネスでの着用も問題ありません。
高校の校章が刺繍されていたら止めておいた方が良いかもですね。

・・・・・・・・・
Q. 一般的に何枚ぐらい必要ですか?
・・・・・・・・・

こまめに洗濯すれば2枚でも大丈夫かもしれませんが
子供の衛生面を考えると3枚以上の方が安心ですね。
汗をかいて、着替えたりする必要があれば尚更です。

最初は2枚だけにして、足りなければ
あとで1枚買い足す事もできると思います。

特に、普通のワイシャツであれば、
紳士服店などの方が安く変えると思います。

・・・・・・・・・・・・
Q スクールシャツの交換のタイミング
・・・・・・・・・・・・

スクールシャツは確かに縫製が良いようです。
洗っても型崩れしにくいし、アイロンもかけやすいものが多いようです。
サイズが変わらなければ、長く着れそうですね。
ただ汗をよくかくので、汚れがとれなくなるのが交換どきでしょう。

・・・・・・・・・
Q. 学生用ワイシャツはどこに売っていますか?
・・・・・・・・・

学生用のワイシャツはカンコー、ヨット、トンボなどの
学生服メーカーのがデパートの学生服売り場にあります。

また、プライベートブランドで、
イオン、ダイエー、イトーヨーカドー、西友などの大手スーパーで、
一枚2000円未満で購入できます。いずれも子供服売り場です。

※イオンのトップバリュのワイシャツは青白く、
イトーヨーカドーのワイシャツは一番白いです。

ワイシャツの名前の由来 “ワイシャツは明治時代の訛り言葉!? ”

会社員イラスト

ワイシャツに関する雑学です。

今日のお題は“ 名前の由来”です。

 

主に男性が背広などの下に着る襟つきのシャツのことを

一般に「ワイシャツ」と呼んでいますよね。

本サイトの名前も「ワイシャツ・ウォーカー」としています。

 

ところで皆さんも実はワイシャツの呼び名にいろいろあることにお気づきではないでしょうか。

 

・ワイシャツ(Yシャツ)

・カッターシャツ

・ドレスシャツ

・ビジネスシャツ

 

ショップによっても呼び名が違いますよね。

 

実際に呼び名としてはどれも間違いではないですが、

実はもともとの名前の由来(もともとの正しい呼び名)は

・ホワイトシャツ(White Shirt) 

なんだそうですよ!

 

明治時代、英語のwhite shirt(ホワイトシャツ)を聞き間違えたか、使っているうちに訛ったかで「ワイシャツ」が定着したようです。

(首のカタチがYの字に見えるからワイシャツなんだろうと、その後の人々もきっと納得し続けたんだと思います^^)

 

明治時代当時は、白の長袖だけをワイシャツと呼んでいただようですが、

現代では半袖や色つきのシャツもワイシャツ(カラーシャツとも呼ぶ)となっています。

Unknown 明治時代に鹿児島県知事で活躍した山内六三郎氏。見事な和洋折衷!

 

ちなみに、カッターシャツは、スポーツ用品メーカーのミズノ(美津濃)が作ったスポーツ用シャツで、元々商標名であったのが、ワイシャツと同義語として定着したものらしいです。

※そのため、東日本ではワイシャツ、ミズノの本社がある西日本ではカッターシャツと呼ぶ人が多いとか。

がn 「元祖」カッターシャツ!

 

というわけで、ワイシャツ 及び カッターシャツは和製英語で、

外国人・英語圏の人には通じないことが多いと思います。

 

英語では、dress shirt(ドレスシャツ)が一番メジャーで、

white shirt(ホワイトシャツ)business shirt(ビジネスシャツ)でも通じると思います。

office-170639_640ビジネスマンが白基調なのは、昔も今も変わらないのでしょうね(白色が爽やかで誠実なイメージだから?)

“ 言葉の由来”って調べてみると当時の時代背景を反映していて面白いです。

 

b_simple_40_0M

yshirt2 ◆◇ ワイシャツの色合いと与える印象との関係 ◇◆

カラーシャツを選ぶ際には、白に近い薄い色が原則です。濃い色はカジュアル向きですし、汗をかいたときに濡れた部分が濃くなり目立ってしまいますね。(日野江都子 氏)

ビジネスシャツの基本はなんといっても白色です。白がもっともフォーマルで知的なイメージを演出します。そして、白に次いでビジネスシャツの基本色とされているのが、薄いブルーです。ブルーの無地はもちろん、白地にブルーのストライプなど、実際によく使われている色です。真っ白のシャツでは畏まりすぎな場合や、清々しさ、爽やかさ、新鮮さを取り入れたいときなどに有効でしょう。

また、ブルーに次いでワイシャツに定番の色といえば、薄いピンク薄いイエローなどがあります。これらはビジネススタイルをよりカジュアルダウンさせたいときに。ブルーが爽やかさを演出できるとしたら、ピンクはやさしい甘いイメージ、イエローは楽しいイメージを与える色といえます。

ほかには、白地にグレー、ブルー、パープルなどのストライプも、シックでシャープな印象があって素敵ですね。

参考文献:仕事力をアップする身だしなみ40のルール 日経ビジネス人文庫

人生を着飾る魅力的なドレスシャツたち④

様々なメンズ用シャツをご紹介していきます。

ドレスシャツの歴史が男性が社会的責任と、家族に対する責任を果たしてきた歴史ですね。

【ま行、や行、ら行、わ行】

 

【ま行】

●メキシカン・ウェディング・シャツ

大きな衿と、胸の大きなプリーツや刺繍が特徴の白いプルオーバー・シャツ。メキシコの民族衣装のひとつで、結婚式に着る花婿用の礼装シャツ。これにヒントを得たカジュアル・シャツが、リゾート・シャツとして1967年から68年にアメリカ西海岸、およびフロリダで流行。

 

【や行】

●ラフ・ライダー・シャツ

ミリタリー・シャツの一種。スタンド・カラーとフラッグ・ポケットが特徴の肩章が付いたカーキ色のコート・シャツのこと。ラフ・ライダーとは1898年にアメリカで組織された義勇騎兵隊で、彼らが常時着用していた。

●ランバージャック・シャツ

ワーク・シャツの一種。大きなチェック柄が特徴のウール・シャツで、衿はオープン・カラー。胸には左右に大きなパッチ・アンド・フラップ・ポケットが付く。カナディアン・ワーク・シャツ、ブッシュ・シャツともいう。

ランバージャックシャツ

 

●ロディオ・シャツ

ウエスタン・シャツの一種。

 

【わ行】

●ワーク・シャツ

作業用のシャツ、およびそれにヒントを得たスポーツシャツの総称。一般に前開き、衿付きで、生地は丈夫なコットン・ギャバジンやコーディロイ、チノ・クロスなどが使われる。

ワークシャツ

THESHIRTTIE

本記事は「シャツ&タイの教科書」(中村達也氏監修)を参考にしています。
ワイシャツのポイントを抑えるのにお勧めの一冊です。

人生を着飾る魅力的なドレスシャツたち③

様々なメンズ用シャツをご紹介していきます。

ドレスシャツの歴史が男性が社会的責任と、家族に対する責任を果たしてきた歴史ですね。

 

【な行、は行】

 

【な行】

●ネル・シャツ

カジュアル・シャツの一種。フランネルで作られたシャツ。生地はコットン・フランネルが多い。ウエスタン・シャツ型式、ワーク・シャツ型式、ワーク・シャツ型など、デザインは多種多様。

ネルシャツ

 

【は行】

●ハーフ・プラケット

一見プルオーバーに見えるように、フロントの中程まで前立てが付いたプラケット。アイビー・シャツに特有の変わりデザイン。

ハーフプラネットシャツ

 

●パイロット・シャツ

肩章と、胸に付いた大きめのフラップ・アンド・パッチ・ポケットが特徴の、パイロットの制服に似せたシャツ。半袖が基本。日本では1978年に流行。

パイロットミリタリーシャツ

 

●バギー・シャツ

全体にゆったりとしていて、極端にルーズなシルエットのシャツ。

バギーシャツ

 

●パターンド・シャツ

柄シャツの総称。対話はソリッド・シャツ。

パターンドシャツ

 

●ファーマー・シャツ

ゆったりとしたシルエットで、ファーマーズ・カラーが付いたシャツ。生地はコーデュロイやシャンブレー、ダンカリー、コットン・ギャバジンが多い。

ファーマーズシャツ

●プルオーバー・シャツ

頭からかぶって着るシャツの総称。対語はコート・シャツ。

頃が柄か色無地で、衿とカフスが白無地のドレス・シャツを指す和製語。正確にはホワイト・カラード・シャツ、またはカラー・セパレーテッド・シャツ。身頃の柄はストライプが多い。1920年代に流行。

プルオーバーシャツ

●ボウリング・シャツ

スポーツ・シャツの一種。カラフルなレーヨン、またはコットンで作られたボウリング用のシャツのこと。正確にはUSボウリング・シャツ。1940年代から50年代にかけてアメリカで一世を風靡した。

ボウリングシャツとは

●ボタンダウン・シャツ

ボタンダウン・カラーのシャツの総称。生地はオックスフォードが多い。ブルックス・ブラザーズがポロ競技の選手が着ていたものにヒントを得て考案。1901年頃に登場し、12年に流行し始め、26年にはアイビー・リーガーの必須アイテムとなった。ブルックス・ブラザーズでは、ポロ・カラー・シャツの名で主要品目のひとつとなっている。

ボタンダウンシャツ

●ポロ・シャツ

衿付き、半袖のプルオーバー・ニット・シャツ。胸あたりまでの短いプラケットが付き、ボタンは2つか、3つ、生地はコットンの鹿の子編みか天竺編みが一般的。

ポロシャツおすすめ

●ポンデロサス

スポーツ・シャツの一種。紐で締めるスプレッド・カラーが特徴の半袖シャツのこと。生地はコットン・ニットかリネンが多い。レース・フロント・シャツともいう。

レースフロントシャツ

アイビーレースフロントシャツ

THESHIRTTIE

本記事は「シャツ&タイの教科書」(中村達也氏監修)を参考にしています。
ワイシャツのポイントを抑えるのにお勧めの一冊です。

人生を着飾る魅力的なドレスシャツたち②

様々なメンズ用シャツをご紹介していきます。

ドレスシャツの歴史が男性が社会的責任と、家族に対する責任を果たしてきた歴史ですね。

 

【さ行、た行】

 

【あ行】

●サファリ・シャツ

レジャー・シャツの一種。サファリ・ジャケット型の半袖シャツのこと。ただし肩章などディテールは一部省略されることもある。生地はリネンや薄手のコットンが多い。1960年代末から70年代初めに流行。

サファリシャツ女性用サファリシャツ(女性用)

サファリシャツ男性用サファリシャツ(男性用)

●シー・ピー・オー・シャツ

CPOはアメリカ海軍下士官のことで、彼らの制服、およびそれにヒントを得たウール製のアウターシャツのこと。両胸に付いた大きなフラップ・アンド・パッチ・ポケットと、派手なチェック柄が特徴。

CPOシャツ

●シャツ・ジャック

アウター・シャツの一種。ジャケット型のシャツ、およびジャンバー型のスポーツ・シャツのこと。シャツ・ジャケットともいう。ジャンバー型1950年代半ばから60年代初期に流行。

シャツ・ジャケット

 

●スウェット・シャツ

裏側を起毛させた厚手のコットン・メリヤス、またはパイル生地で作られたシャツ。衿は丸首で、プルオーバーが一般的だが、前ファスナー開きもある。日本ではトレーナーともいう。

おすすめスウェットシャツ

 

●スタッグ・シャツ

アウター・シャツの一種。厚手のウール・シャツで、カフス付きの袖と胸の切り替えが特徴。衿はセミステン・カラーで、衿はセミステン・カラーで、柄は太いチェック柄。胸と背が、防寒のため二重になっている。

ウールシャツ厚手

【た行】

●タートル・シャツ

首に沿った筒状のタートルネックが特徴のシャツ。背中や肩が開くようになっている。1966年に登場し、新しいフォーマル・シャツとして注目された。

タートルネックシャツ

 

●タキシード・シャツ

フォーマル・シャツの一種。タキシード用のシャツで、ウイング・カラーにフレンチ・カフス。胸にはプリーツかフリルが付いている。

タキシードシャツ1

 

●ディッシュラグ・シャツ

スポーツ・シャツの一種。皿洗い用の布のような、ざっくりとしたコットンで作られたプルオーバー・シャツのこと。

プルオーバーシャツ丸首

 

●ドック・ワーカー・シャツ

シャツ・ジャケットの一種。港湾労働者の荷揚げ用ワーク・シャツで、衿はオープン・カラーかステン・カラー、胸から裾にかけて左右3個ずつの変わりポケットが付く。袖には、袖をまくって留めるためのボタン留めのタブが付く。シルエットは全体にゆったりとして、背中にはプリーツが入ることが多い。生地はダーク・ブルーのダンガリーか、グレイのモールスキンが一般的。ドッカーズ・シャツともいう。
THESHIRTTIE

本記事は「シャツ&タイの教科書」(中村達也氏監修)を参考にしています。
ワイシャツのポイントを抑えるのにお勧めの一冊です。

人生を着飾る魅力的なドレスシャツたち①

様々なメンズ用シャツをご紹介していきます。

ドレスシャツの歴史が男性が社会的責任と、家族に対する責任を果たしてきた歴史ですね。

 

【あ行、か行】

 

【あ行】

●アスコット・シャツ

アスコット・カラーのシャツ。生地はタッターソールのビエラが一般的。色無地のビエラやプリント柄のシャリーのほか、シルク製のドレッシーなタイプもある。1936年に登場。

 

●アロハ・シャツ

レジャー・シャツの一種。派手なプリント柄で、オープン・カラーの半袖シャツのこと。裾は短めで、パンツの外に出して着る。生地はコットンかレーヨンが多い。プリント柄のモチーフは熱帯植物を図案化したものが多く、色は単色から多色まで多彩。ハワイアン・シャツともいう。ハワイを中心とするポリネシア諸島の民族衣装のひとつ。1940年代、トルーマン大統領が好んだこともからアメリカで流行。

アロハシャツおすすめ

 

●イブニング・シャツ

燕尾服用の胸元が糊付けされた硬いシャツ。ボールド・ウイング・カラーと、カフス・ボタン留めの硬いシングル・カフスが特徴。

イブニングシャツ

 

●ウエスタン・シャツ

ファンシー・シャツの一種。刺繍やヨーク、変わりポケットなどが特徴のシャツ。カウボーイ・シャツともいう。

ウエスタンシャツ

 

【か行】

●カーターシャツ

ゆったりとした袖と、深いサイドスリット、長い前立てが特徴のチュニック丈のプルオーバー・シャツ。

衿は普通衿か低いスタンド・カラー。生地は白いコットンが多いが、中にはプリント柄や、刺繍を施したものもある。カーターともいう。北インドの民族衣装のひとつ。1970年頃からサマーファッションとして取り入れられた。

カーターシャツ

●カーブシャツ

カッター・シャツの一種。ウール・ギャバジンで作られたプルオーバー・シャツで、ロング・カラー、玉縁の曲がり胸ポケット、曲線的なショルダー・ライン、同じく曲線的なアシメトリーのプラケットが特徴。長袖で、袖先には2個のボタン付き、スクエア・ボトム、サイド・ベンツが入っている。1930年代末から40年代初期に、カリフォルニアで流行。

 

●ガウチョ・シャツ

スポーツ・シャツの一種。プラケットを4つのループでボタン留めした、衿付きのプルオーバー・シャツのこと。アルゼンチンのカウボーイ、つまりガウチョが着用している。

ガウチョボタンシャツ ガウチョボタンダウンシャツ

 

●カフタン

ゆったりした長袖で、丈が長い上着。トルコやアラブなどの中流階級以上の人が着る民族衣装のひとつ。本来は前開きのローブ風で帯を巻いたり、羽織ったりするが、ワンピース風のものもある。

カフタンシャツ

●ガルバルディ・シャツ

スタンドカラーで肩章付きの厚手のウールシャツ。色は赤。19世紀、イタリア統一の際に赤シャツ隊を率いた軍人、ジュゼッペ・ガリバルディに由来。

t02200365_0248041111112230354 ジュゼッペ・ガリバルディ

 

●キャルバルリー・シャツ

スポーツ・シャツの一種。胸にあて布をボタン留めにしたシャツのこと。あて布は取り外しができる。キャバルリーは「騎兵」の意で、17世紀頃の騎兵にヒントを得た。ビブ・フロント・シャツともいう。

キャルバルリーシャツ

 

 

●クバベラ・シャツ

ノーフォークジャケットに似たリネンのシャツのこと。

 

●クレリック・シャツ

身頃が柄か色無地で、衿とカフスが白無地のドレス・シャツを指す和製語。正確にはホワイト・カラード・シャツ、またはカラー・セパレーテッド・シャツ。身頃の柄はストライプが多い。1920年代に流行。

クレリックシャツ

 

●クロスオーバー・プラケット

胸元の開きの先が交差している、プルオーバー・シャツのプラケット。

THESHIRTTIE

本記事は「シャツ&タイの教科書」(中村達也氏監修)を参考にしています。
ワイシャツのポイントを抑えるのにお勧めの一冊です。